放送大学面接授業|( 千葉学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 千葉学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2451093 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

導入科目:人間と文化 | 総譜(スコア)の読み方

科目コード

/



2016年10月15日(土)第1時限 10:00~11:25
2016年10月15日(土)第2時限 11:40~13:05
2016年10月15日(土)第3時限 14:10~15:35
2016年10月15日(土)第4時限 15:50~17:15
2016年10月16日(日)第1時限 10:00~11:25
2016年10月16日(日)第2時限 11:40~13:05
2016年10月16日(日)第3時限 14:10~15:35
2016年10月16日(日)第4時限 15:50~17:15
2451093
開設学習センター
千葉学習センター ( 12A )
科目名
総譜(スコア)の読み方
科目区分
導入科目:人間と文化
ナンバリング
220
担当講師 授業概要
中島 寿
(筑波大学非常勤講師)

【授業内容】
この授業では、スコアの読み方を学びます。スコア(総譜)とは、合唱、室内楽、管弦楽曲などにおいて、すべてのパートが同時に書かれている楽譜のことです。ここでは、主に管弦楽曲のスコアについて学びます。少しでもスコアの読み方がわかると、鑑賞の楽しさが倍増します。もちろん、自分が演奏したり、指揮をしたりする時にも大いに役に立ちます。作曲家や指揮者になるための専門的な内容ではありません。音楽をより楽しむためるようになるための講座です。

【授業テーマ】

  • 第1回 「スコア」って何? 「管弦楽(オーケストラ)」って何?
  • 第2回 管弦楽の楽器について
  • 第3回 管弦楽曲の編成と記譜
  • 第4回 スコアを読む練習
  • 第5回 ベートーヴェン作曲 交響曲第5番「運命」のスコアを読む
  • 第6回 ベートーヴェン作曲 交響曲第5番「運命」をスコアを見ながら聴く
  • 第7回 ワーグナー作曲 ニュルンベクのマイスタージンガー前奏曲のスコアを読む
  • 第8回 ワーグナー作曲 ニュルンベルクのマイスタージンガ―前奏曲をスコアを見ながら聴く

【学生へのメッセージ】
スコアの読み方を学ぶことで作品(楽曲)をより理解し、鑑賞や演奏の楽しみの幅をひろげてほしいと思います。

【受講者が当日用意するもの】
教科書、五線ノート、鉛筆(BまたはHB)、消しゴム、赤青鉛筆 

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K ・オーケストラの読み方(池辺晋一郎/学習研究社/¥1,728/ISBN=4054027113)
・ベートヴェン交響曲第5番ハ短調作品67(運命) OGT2105(ベートーヴェン (著), 土田 英三郎 (解説)/音楽之友社/¥756/ISBN=4276919290)
・ワーグナー ニュルンベルクのマイスタージンガー(ワーグナー(著) 高木卓(解説)/全音楽譜出版社(全音)/¥756/ISBN=9784118923512)
定員 参考書
30名
その他(特記事項)
この科目は2009~2015年度「共通科目」、2008年度以前「共通科目」に該当します。

ページの先頭へ