放送大学面接授業|( 神奈川学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 神奈川学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2482517 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:生活と福祉 | シーカヤック概論

科目コード

/



2017年10月14日(土)第1時限 09:30~10:55
2017年10月14日(土)第2時限 11:10~12:35
2017年10月14日(土)第3時限 13:55~15:20
2017年10月14日(土)第4時限 15:35~17:00
2017年10月15日(日)第1時限 09:30~10:55
2017年10月15日(日)第2時限 11:10~12:35
2017年10月15日(日)第3時限 13:55~15:20
2017年10月15日(日)第4時限 15:35~17:00
2482517
開設学習センター
神奈川学習センター ( 14A )
科目名
シーカヤック概論
科目区分
専門科目:生活と福祉
ナンバリング
320
担当講師 授業概要
畝原 信行
(NPO法人横浜シーフレンズ理事長)

【授業内容】
シーカヤックは、乗船する者を水面ぎりぎりに浮かべ、適度な運動量で水面を自由に移動することができるきわめて自由な乗り物です。また、水面から港や街を見て、そのたたずまいを感じることは、陸上からそれらを見るのとは大きく異なった視点からさまざまな事象をみることとなり、得難い経験をすることとなります。
本授業では、座学でシーカヤックの歴史や特性を学習した後に、実際に乗艇練習をすることにより、シーカヤックに親しみ、ある程度自由に操ることができるようになることを目標とし、受講者は次の段階にステップアップすることが可能となります。

【授業テーマ】

  • 第1回 海や水の持つ豊かさと厳しさ、そしてシーカヤックについて
  • 第2回 シーカヤックの歴史と特性について(パドリング基礎)
  • 第3回 乗艇練習その1(乗り込み、パドリング実技、前漕ぎ)
  • 第4回 乗艇練習その2(後漕ぎ、横漕ぎ)
  • 第5回 乗艇練習その3(ツーリング1)
  • 第6回 乗艇練習その4(ツーリング2)
  • 第7回 乗艇練習その5(ツーリング3)
  • 第8回 乗艇練習その6(シーカヤックのメンテナンス)

【学生へのメッセージ】
シーカヤックの歴史文化と特性を理解し、実際に乗艇しパドリングによるシーカヤックの動きを体全体で感じながら漕法練習をすることが重要です。シーカヤックに実際に乗艇して水面を自力で漕ぐ練習を行うので、心臓や呼吸器系に疾患がなく、持久力を含めその活動を行うことに支障のない方に限ります。参加費として授業料とは別に、9,000円(シーカヤック使用料及び2日間の昼食代金等)が必要です。

【受講者が当日用意するもの】
運動着、帽子、マリンシューズ(水に濡れてもよい運動靴)、タオル、着替え、飲料水、シーカヤック使用料金と昼食代:9,000円

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
25名 ・シーカヤック教書(内田正洋/海文堂出版/¥1,512/ISBN=9784303468002)
その他(特記事項)
この科目は2008年度以前「 専門科目:生活と福祉 」に該当します。この授業はシーカヤックに実際に乗艇して水面を自力で漕ぐ練習を行うので、持久力を含めその活動を行うことに支障のない方に限ります。また、これまでの開講実績から本授業を受講する学生は授業初日に70歳に達していない学生に限ることとします。受講を希望する学生は、自分の肉体年齢、健康状態と気力を十分考慮して、履修登録の申し込みをしてください。授業初日に、受講者が単独でシーカヤック乗艇ができるかについて主任講師が判断し、単独乗艇ができない場合には「別プログラム」を行うことがあります。
授業1日目は、午前9時30分までに、横浜みなとみらい地区・帆船日本丸記念公園訓練センター第3会議室に集合してください。なお、詳細は履修登録者へ別途郵送にてお知らせします。
この授業は、通常とは異なる時間帯での授業となりますのでご注意ください。
学外授業ですので、現地までの交通費は個人負担となります。
※「学生教育研究災害傷害保険」加入者を対象としていますので、未加入の方は必ず前日までに最寄りの学習センターにて加入してください。(時間割表P.14参照)
この授業は、【帆船日本丸記念公園、横浜港赤レンガ倉庫近傍の水面(帆船日本丸記念公園(横浜市西区みなとみらい2-1-1)、横浜港赤レンガ倉庫近傍の水面(横浜市中区新港1-1-2))】で行います。

ページの先頭へ