放送大学面接授業|( 埼玉学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 埼玉学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2477459 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

導入科目:社会と産業 | 戦争とは何か、平和とは何か

科目コード

/



2017年10月21日(土)第1時限 10:00~11:25
2017年10月21日(土)第2時限 11:40~13:05
2017年10月21日(土)第3時限 14:10~15:35
2017年10月21日(土)第4時限 15:50~17:15
2017年10月22日(日)第1時限 10:00~11:25
2017年10月22日(日)第2時限 11:40~13:05
2017年10月22日(日)第3時限 14:10~15:35
2017年10月22日(日)第4時限 15:50~17:15
2477459
開設学習センター
埼玉学習センター ( 11A )
科目名
戦争とは何か、平和とは何か
科目区分
導入科目:社会と産業
ナンバリング
220
担当講師 授業概要
石津 朋之
(防衛省防衛研究所戦史研究センター国際紛争史研究室長)

【授業内容】
この講義は、戦争と平和という人類が営む大きな社会的な事象を歴史的かつ理論的に考察することにより、戦争と社会の関係性、さらには平和の意味するところや平和を構築するための手掛かりなどについて、理解することを目的としています。
講義では、戦争と世界観、戦争と宗教、戦争と社会の関係性、戦争と文化交流、「時代精神」としての平和、さらには、日本の戦争観及び平和観などを大きな歴史的文脈の下で概観することにより、戦争とは何か、そして、平和とは何かについて考えます。

【授業テーマ】

  • 第1回 戦争とは何か
  • 第2回 平和とは何か
  • 第3回 戦争と世界観:古代ギリシア・ローマから今日のアメリカまで
  • 第4回 戦争と宗教:中世ヨーロッパの十字軍を中心に
  • 第5回 戦争と社会:「総力戦」と社会の変化
  • 第6回 「時代精神」としての平和:戦争は抑え込めるか
  • 第7回 戦争と文化交流:シルクロードと万里の長城を事例として
  • 第8回 日本の戦争観と平和観:朝鮮半島への関与を通じて

【学生へのメッセージ】
戦争と平和をめぐる問題に少しでも関心を有する方、とりわけ宗教が果たす役割について関心を有する方であれば、誰でも大歓迎であり、特別な専門知識は必要ありません。

【受講者が当日用意するもの】
世界地図があると便利です。

成績評価の方法
成績評価は出席状況のほか、レポートの評点により行います。
クラス 教科書
K ・戦争学原論(石津朋之/筑摩書房/¥1,944/ISBN=9784480015686)
定員 参考書
100名 ・大戦略の哲人たち(石津朋之/日本経済新聞出版社/¥1,944/ISBN=9784532134389)
・戦略原論―軍事と平和のグランド・ストラテジー(石津朋之、永末聡、塚本勝也編/日本経済新聞出版社/¥3,456/ISBN=9784532133856)
現在入手困難なため、公共図書館での利用又は古書サイトからの入手となります。
・名著で学ぶ戦争論(石津朋之編/日本経済新聞出版社/¥823/ISBN=9784532194994)
その他(特記事項)
この科目は2009~2015年度「共通科目」、2008年度以前「共通科目」に該当します。

ページの先頭へ