放送大学面接授業|( 埼玉学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 埼玉学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2477831 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:生活と福祉 | 児童虐待/現状と課題

科目コード

/



2018年01月06日(土)第1時限 10:00~11:25
2018年01月06日(土)第2時限 11:40~13:05
2018年01月06日(土)第3時限 14:10~15:35
2018年01月06日(土)第4時限 15:50~17:15
2018年01月07日(日)第1時限 10:00~11:25
2018年01月07日(日)第2時限 11:40~13:05
2018年01月07日(日)第3時限 14:10~15:35
2018年01月07日(日)第4時限 15:50~17:15
2477831
開設学習センター
埼玉学習センター ( 11A )
科目名
児童虐待/現状と課題
科目区分
専門科目:生活と福祉
ナンバリング
320
担当講師 授業概要
高野 みどり
(放送大学客員准教授)

【授業内容】
児童虐待の報道には、心を痛める方々は多いかと思います。報道事例には、日常行われる虐待から無残にも死に至るケースもあります。2000年に「児童虐待防止等に関する法律」が制定され様々な虐待防止対応が行われてきましたが、増加の一途をたどっています。そこで、本授業では児童虐待の現状と課題を学び、私たち「市民の一人一人が出来るケアと予防」について考えます。授業展開は、事例を通してディスカッションを中心に進めます。 

【授業テーマ】

  • 第1回 自己紹介、受講動機などをシェアリング
  • 第2回 児童観の変遷(世界・日本)、児童虐待とは(DVD)
  • 第3回 日本社会における家族の変化(家族システム理論、寝方から見た家族像など)
  • 第4回 子ども虐待関連の研究への取り組み
  • 第5回 子ども支援の現状と課題(DVD)
  • 第6回 里親制度(世界と日本)~里親体験を通して考えたこと~
  • 第7回 グループワーク(KJ法)~私たち一人一人が今出来ること~
  • 第8回 グループワークの発表、課題の提示

【学生へのメッセージ】
受講するにあたって、日頃児童虐待についてお考えになっている事や、受講生と一緒に考えてみたいことなどをお持ちください。一緒に考えてみましょう。身近に存在する「児童虐待」の火種を受講生の一人ひとりが小さくできる存在になって下さることを期待します。一昨年の福井で行われた児童虐待フォーラムでは、児童虐待の発生予防、発生時の迅速・的確な対応から虐待を受けた子どもの自立支援まで、切れ目のない総合的な対策について紹介されました。地域で関心を持つことが児童虐待の防止に重要です。授業では、地域でできることは何かを、ディスカッションします。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
授業当日にプリントを配付します。
定員 参考書
30名 ・子どもの虐待防止・法的実務マニュアル【第5版】(日本弁護士連合会子どもの権利委員会(編)/明石書店/¥3,024/ISBN=9784750337166)
・児童虐待現場からの提言(川崎二三彦/岩波新書/¥842/ISBN=9784004310303)
その他(特記事項)
この科目は2008年度以前「 専門科目:生活と福祉 」に該当します。

ページの先頭へ