放送大学面接授業|( 北海道学習センター )

平成24年度(2012年度)第2学期 面接授業

面接授業トップ > 各センターの面接授業のご案内 > 北海道学習センター > 面接授業詳細

  • 科目登録の際は、科目コード・クラスコードが必要となります。各クラスのコードをご確認の上、科目登録して下さい。
    (例) ← 科目コードは「 2489341 」、クラスコードは「 K 」
  • 授業によっては、面接受講に際し必要な図書(=教科書)・携行品を指定しているクラスがあります。各クラスの授業概要でご確認下さい。
    指定された教科書・携行品は、必ず受講生の方各自でご用意いただき、授業当日にご持参下さい。

専門科目:自然と環境 | ヒトと地球を理解する生物学

科目コード

/



2018年07月14日(土)第1時限 09:30~10:55
2018年07月14日(土)第2時限 11:10~12:35
2018年07月14日(土)第3時限 13:35~15:00
2018年07月14日(土)第4時限 15:15~16:40
2018年07月15日(日)第1時限 09:30~10:55
2018年07月15日(日)第2時限 11:10~12:35
2018年07月15日(日)第3時限 13:35~15:00
2018年07月15日(日)第4時限 15:15~16:40
2489341
開設学習センター
北海道学習センター ( 01A )
科目名
ヒトと地球を理解する生物学
科目区分
専門科目:自然と環境
ナンバリング
320
担当講師 授業概要
栃内 新
(放送大学・非常勤講師)

【授業内容】
 この授業では太陽系とともに誕生した地球という惑星に自然発生した生命が「ヒト」という動物へと進化してきた生命の変遷の歴史を学ぶとともに、地球という小さな閉鎖環境の中で、生態系という循環のしくみがあってはじめてヒトを含めた地球上のすべての生物が生きていくことができていること、そして現在の地球の中でとてつもなく大きな力を持った、ただの動物を越えた存在としての「人間」が果たすべき役割についても考えます。

【授業テーマ】

  • 第1回 地球における生命の誕生と生物の進化
  • 第2回 生物は発生を繰り返して進化する
  • 第3回 再生するヒト
  • 第4回 ヒトはどうして死ぬのか:質疑応答とレスポンスペーパー(疑問・質問)
  • 第5回 初日のレスポンスペーパーをもとに(復習と発展)
  • 第6回 ヒトはなかなか死なない:ダーウィン医学のすすめ
  • 第7回 宇宙船地球号の環境問題
  • 第8回 ヒトは地球でいかに生きるべきか:質疑応答とまとめ

【学生へのメッセージ】
 食の安全や少子高齢化と医療、地球環境問題など生物学は我々の生活に深く関わる存在です。講義ではできるだけ専門用語を使わずにこれらの問題を考える基礎となる生物学リテラシーを身につけることを目指します。

【受講者が当日用意するもの】

成績評価の方法
成績評価は出席状況及び学習状況等を総合的に判断して行います。
クラス 教科書
K
教科書は使用しません。
定員 参考書
110名 ・新しい高校生物の教科書―現代人のための高校理科(栃内 新、左巻 健男 (編著)/講談社ブルーバックス/¥1,296/ISBN=9784062575072)
・進化から見た病気―「ダーウィン医学」のすすめ(栃内 新/講談社ブルーバックス/¥886/ISBN=9784062576260)
・ヒトの遺伝の100不思議(左巻 恵美子, 栃内 新 他/東京書籍/¥1,728/ISBN=9784487798537)
その他(特記事項)
この科目は2008年度以前「 専門科目:自然の理解 」に該当します。

ページの先頭へ